読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニレゾのミカタ

ヴィーガンしてる大学生のブログです。

コトハナセミナー名古屋第13クラスが終わった。

2月に始まった、コトハナセミナー名古屋第13クラスが終わった。

あっという間の2ヶ月間だった。

2ヶ月間といっても、2週間に一度の日曜日だから全部で6日間しかない。

でも、その数日間が素晴らしかった。

 

コトハナセミナーは、いわゆる話し方を学ぶ社会人セミナー。

 

セミナーへのススメは父ちゃんからでした。父ちゃんが最初で、それから叔母と長男と続き、そして、ついに回ってきてしまったのです。

「お前もコトハナ行ったほうがいいぞ。ああいうのは若いうちにやっといたほうがいい」と、忘れた頃に声が聞こえます。もう、まるで忘れるだろう日付けに目星をつけて図っているかのようなタイミング。

 

そんなことに対して、「昨年の大きな経験を終えた今、異年齢の人たちとの交流もあって、それなりに話せるし、会社人( ≒ 社会人)になるつもりもないし、別に僕には必要ないよな」って思ってました。

 

でも、もう1つの思い「家族を大切にしたい」という思いがありました。世界各地で家族愛を深く感じたことが、父の提案に対する答えを「はい、か、YES」に変えました。

 

とはいえ、やっぱり必要ないだろうという意識を拭えないまま第1講、第2講といくと、余裕こいてた僕もだんだん余裕がなくなっていきました。

 

その正体は「宿題」。これがコトハナセミナーで一番の難関。

 

毎回のテーマで内容は違うけど、実体験をもとにして話を組み立てる必要があるから、その実体験の記憶を辿るのに大変。最近起こったことでもいいけど、なかなかひねり出さないとなかったりする。でも思い出しても2分は無理。そんなこんなで、書いたり、書き直したり。むしろ、全く話が変わることもある。挙句、直前まで他の人のスピーチは右から左で、自分のスピーチをぐるぐる暗唱してる時もある。いや、結構ある。

 

そんな宿題の日々も終わった。解放された。

 

でも、みんな口を揃えていうのは、

「ここからがスタートだ」ってこと。

 

だから、目標を決めた。
これからは自分を律しながら目標に向かって頑張っていく必要があるのだ。

 

これからの大学生活2年間で

「50回以上のプレゼンテーション」をすることが、

コトハナセミナー卒業後の目標だ。

 

ここからがスタートなのだ!

電話で、バーボンとバーボンを飲む約束をかわす、この夜。

電話で1時間以上も話すような間柄は、きっと70になってもそんな関係でいられる気がする。

 

今日は、1日やるべきことをやって、「いい1日だな」って思いながら、大学の図書館を出ようとした9時半ごろ。一本の電話。

 

地球一周の船旅をした仲間からの電話だった。まあ、その前に何通かチャットがあったけど、やっぱり電話が来るのは嬉しいもの。

 

でも、すぐ切られた。わんぎり。

 

すぐ掛け直したら、出てくれて、それから30分くらい話した。僕が外の道を歩きながら電話をしていると、カエルの鳴き声やサイレンの音が聞こえるらしく、「カエルうるさいぞ〜」とか「お前、迎えに来たんじゃね?」とか言ってくれて、それがなんだか、まるで隣にいるかのように聞こえた。だから、もっと嬉しかった。

 

こういう電話もいいなあって。

 

なかなか、チャットだけの繋がりってよわいからさ。電話だったり、実際会ったり、遠くの人には手紙を出したり。そうすると、時間を感じられるのよ。チャットの中に時間なんて存在しないのよ。でも手紙は距離を感じるし、書いた時間、書いてくれた時間、読む時間。それはチャットとは違う、書き直しのきかない思いの形。

 

電話も間を感じて話す。感じながら、「あ、かぶった」とか「話すぎかな」とか思う。でも話を続ける。そうすると、だんだんお互いの息があってくる。目の前にいるわけでも、顔が見えるわけでもないのに、お互いの息があってくる。雰囲気がわかってくる。

 

バーボンという名前をもっている彼だが、僕は心から彼を信頼している。その根拠は全くない。というか覚えてない。でも、そんなことはいい。とにかく、僕は彼を信じていたい。それだけでいい。

 

そんな彼と、久しぶりに話したこの夜。

いつかふたりでバーボンを飲む約束をかわした。