ミニレゾのミカタ

ベジタリアンで畑してる大学生のブログ。

電話で、バーボンとバーボンを飲む約束をかわす、この夜。

電話で1時間以上も話すような間柄は、きっと70になってもそんな関係でいられる気がする。

 

今日は、1日やるべきことをやって、「いい1日だな」って思いながら、大学の図書館を出ようとした9時半ごろ。一本の電話。

 

地球一周の船旅をした仲間からの電話だった。まあ、その前に何通かチャットがあったけど、やっぱり電話が来るのは嬉しいもの。

 

でも、すぐ切られた。わんぎり。

 

すぐ掛け直したら、出てくれて、それから30分くらい話した。僕が外の道を歩きながら電話をしていると、カエルの鳴き声やサイレンの音が聞こえるらしく、「カエルうるさいぞ〜」とか「お前、迎えに来たんじゃね?」とか言ってくれて、それがなんだか、まるで隣にいるかのように聞こえた。だから、もっと嬉しかった。

 

こういう電話もいいなあって。

 

なかなか、チャットだけの繋がりってよわいからさ。電話だったり、実際会ったり、遠くの人には手紙を出したり。そうすると、時間を感じられるのよ。チャットの中に時間なんて存在しないのよ。でも手紙は距離を感じるし、書いた時間、書いてくれた時間、読む時間。それはチャットとは違う、書き直しのきかない思いの形。

 

電話も間を感じて話す。感じながら、「あ、かぶった」とか「話すぎかな」とか思う。でも話を続ける。そうすると、だんだんお互いの息があってくる。目の前にいるわけでも、顔が見えるわけでもないのに、お互いの息があってくる。雰囲気がわかってくる。

 

バーボンという名前をもっている彼だが、僕は心から彼を信頼している。その根拠は全くない。というか覚えてない。でも、そんなことはいい。とにかく、僕は彼を信じていたい。それだけでいい。

 

そんな彼と、久しぶりに話したこの夜。

いつかふたりでバーボンを飲む約束をかわした。